×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






TOP

ABOUT

PROGRAM

DIALY







エフェクト(4) 雨

 1.はじめに…
 雪をやったので,今回は雨です。





 2.アルゴリズムの概要
 雨の描画にはポリゴンを使うと処理が重くなるので,線を使って雨だれと波紋を描画します。
 まず,雨だれですが,乱数で発生位置と速度,加速度を決めます。あとは時間経過ともに,落下させます。で,地面の位置にくるにつれて透明度まして,ブツ切れにならないようにしておきます。
 地面に到着したら,波紋の描画を始めます。まず,透明度を0にして不透明にします。時間経過とともに波紋を大きくします。このとき計算するのが面倒なので,glScalef()などの関数を使って波紋を拡大します。また時間経過とともに透明度も増すようにしてください。そして,波紋が一定時間たったら,消えるようにして,初期設定をして再び雨だれを描画するようにします。


 Download
本ソースコードおよびプログラムを使用したことによる如何なる損害も製作者は責任を負いません。
本ソースコードおよびプログラムは自己責任でご使用ください。
プログラムの作成にはMicrosoft Visual Studio 2005を用いています。