×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






TOP

ABOUT

PROGRAM

DIALY







エフェクト(3) 雪

 1.はじめに…
 ちょうどクリスマスのシーズンなので,今回は雪をやります。





 2.アルゴリズムの概要
 雪のパーティクルを作成して,時間経過ともに下に移動させます。パーティクルを作成する際に,x方向とz方向の位置座標は乱数で決定し,速度ベクトルはx, y, z成分ともに乱数で決定し,雪の動きが一様にならないように設定します。
 あとは,煙や炎のときのように,Zテストの機能をglDisable(GL_DEPTH_TEST)で切っておきます。
 今回は,テクスチャを貼り付けるのにポイントスプライトの機能を使いました。OpenGL 1.5以上じゃないと動かないので注意してください。


 Download
本ソースコードおよびプログラムを使用したことによる如何なる損害も製作者は責任を負いません。
本ソースコードおよびプログラムは自己責任でご使用ください。
プログラムの作成にはMicrosoft Visual Studio 2005を用いています。