×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






TOP

ABOUT

PROGRAM

DIALY







GLUTのインストール

0. はじめに
GLUT(OpenGL Utility Toolkit)のインストールの仕方について説明します。
PocolはWindows系のOSしか使ったことがない人なのでWindowXPへのインストールについてのみ説明します。
MacOSとかにインストールしたい方は"GLUTによる「手抜き」OpenGL入門"のウェブサイトを参考にするといいのかもしれません。


1. GLUTの入手
何はともあれ,まずはGLUTを手に入れましょう。
まず,http://www.xmission.com/~nate/glut.htmlに行きます。
ページにいくと真ん中あたりに書いてある「glut-3.7.6-bin.zip(117KB)」をクリックしてダウンロードします。
このなかにGLUTが入っているので,ダウンロードしたら解凍しましょう。



2. ディレクトリに置く
DirectXのように勝手にインストールしてくれるインストーラーなんて便利なものは存在しません。
地道に手作業でインストールしていきます。 インストールの仕方はいたってシンプル。
解凍したフォルダ内にあるファイルを置くだけ!
Pocolは以下のディレクトリに置きました。

(1) glut.h
・Visual Studio .NET 2003の場合
→ C:\Program Files\Microsoft Visual Studio .NET 2003\Vc7\PlatformSDK\Include\glに glut.hを置く
・Visual Studio 2005の場合
→ C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\VC\PlatformSDK\Include\glに glut.hを置く
・Visual Studio 2008の場合
→ C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0A\Include\glにglut.hを置く




(2) glut.lib
・Visual Studio .NET 2003の場合
→ C:\Program Files\Microsoft Visual Studio .NET\Vc7\PlatformSDK\Lib にglut.libを置く
・Visual Studio 2005の場合
→ C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\VC\PlatformSDK\Lib にglut.libを置く
・Visual Studio 2008の場合
→ C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0A\Libにglut.libを置く




(3) glut32.dll
→ C:\WINDOWS\system32 にglut32.dllを置く




ファイルが置けたらインストール完了です!
あとはVisual C++を立ち上げてソースコードを書いていけばOKです。